Bacciな日々

最近わけわからん題名が多いな〜、でも本当なんですもん。

本日は常連様から河豚イタリアコースが食べたいとのこと。

中々手強い題材ですな!

 

トラフグを一匹丸ごと全て残さず料理に。

どうしようか さてさて

まずは

テッサ! そうカルパッチョ

※河豚と横輪マグロ、カンパチのカルパッチョ

大葉ジェノベーゼとバルサミコ、リンゴとマスタードのサルサでそれぞれ

 

※河豚皮のペペロナータとトピナンブール

河豚皮はマリネすると柔らかくなりました、ん〜発見!!

 

※河豚ハラスのゴルゴンゾーラソース 無農薬野菜サラダ

ブルーチーズソースでボイルしたハラスを和えてコクと食感が楽しめるサラダ

 

※河豚と原木椎茸、銀杏のフリット ハーブ塩で

ビールで衣を作ってフワフワ、カリカリ、いつもの天ぷらと違いこれも中々

 

※河豚白子のソテー木の実の焦がしバターソース

白子のトローリと酸味のきいた焦がしバターとナッツの食感が美味

 

※河豚出汁のズッパ ディ ペッシェ

河豚骨で採った出汁と魚介とトマトとお野菜で魚介スープに!

 

※河豚パスタ

全部あっさりめだったのでガツンとクリームで!これが一番うけました(笑)

 

※ヒレ酒

やっぱりここはイタリアにはない文化ってことで河豚の〆は日本酒でしょ!!

 

20140123-233927.jpg
20140123-233936.jpg
20140123-233945.jpg

なんとお客様からこんな機会だからと

ワインを一緒に頂きました。

なんと世界三大貴腐ワインの一つ

ドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼ 2001

20140123-234009.jpg

勿論お初です(汗)

何じゃコラーって言うぐらいの香り甘み奥行き有りすぎて見えませ〜ん

旨すぎて疲れる

貴重な経験ありがとうございました。

今度は何屋になるやろか

いつもいつもお待ちしております。

tanti bacci

この記事を書いた人

bacci
bacciメタボッチ・オーナシェフTwitter:@bacci88
稲葉加都彦(イナバ カツヒコ) またの名も、Bacciです。
メタボも今年で卒業したい、いや、します。(笑)

前の記事

次の記事

Bacci facebookページはこちら

ご予約・お問い合わせは06-6225-3386
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事