薬膳

 国際中医師でもあります我が師匠・黒川眞妃子先生の元、薬膳の勉強を夏より本格的に始め、こんな私も調理に加えて貰っていまして、本日の講習で作った薬膳ご飯。

1番大事な味なんですが、これがめちゃめちゃ美味しいんです!

料理は出来ませんが、小さな頃から宮鰹店の宮出汁育ち、味覚だけはいけるんではなかろうかと自称しております!笑

本当に沢山お伝えしたいことが山ほど!今日も黒川先生を始め、先輩方から薬膳はもちろん、人生の役立つ話が聞け、あっとゆう間の4時間半。素晴らしいなぁと感じた話、その他諸々皆さんにもお伝し、爆走させて貰えたらと。笑

またまた、この黒川先生が凄いんです!分かりやすく言わせて頂きますと、私が先生に出会う前までは、薬膳=ナチュルなイメージがだったんですが、薬膳=キラキラに変わりました笑。先生のお歳は伏せますが、ビックリビックリしました!元宝ジェンヌのような容姿と、とっても温かい先生!でもって、先生の薬膳料理は美味し過ぎるときたら、薬膳やるしかない!!話を聞けば、聞くほど、今までの食や病気に対する何で?が薬膳を通じ、答えが出てきている真っ最中であります!

今日の学びは、

“黒系食材は、腎を鍛える。”

食べものは5色に分けられます。色によって、決まった体の臓器へと働きかけます。なので、黒いものは腎臓に効くものが多いです。アンチエイジングです、アンチエイジング!!老化は腎を鍛えたら、防げるんです、老化をいかに進行させないか…。アンチエイジングのものを食べ、自らの体を自らでダマし続けてやろうかと思います。笑

シンプルに、ダマして老化、防ぎます。五・七・五!!

<黒川眞妃子先生>

おばんざい料理店経営のち国際中医薬膳管理師、国際薬膳調理師を経て国際中医師に。

現在、医療学院薬膳講師の傍ら

「関西薬膳びと」「食育ピーマンクラブ」を立ち上げ、

薬膳講演会、薬膳セミナー、親子ふれあい食育教室、薬膳イベント開催。

その他、飲食店薬膳メニュー開発、薬膳コラム執筆など。

食べることは生きること・・・食卓に昇る「おばんざい薬膳」普及に奮闘中。

*食の資格*

調理師

世界中医薬学会連合会認定:国際中医薬膳管理師

中華中医薬学会認定:国際薬膳調理師

上海中医薬大学日本校認定:中医薬膳指導士

世界中医薬学会連合会認定:国際中医師

食育インストラクター協会認定:食育インストラクターSecond Grade

*TV出演*

おはよう朝日です 出演

*ラジオ出演*

この記事を書いた人

MIKA
MIKA企画・広報
Bacci滞在記. 〜MIKAは薬膳と出会ったぁ〜(ウルルンBGM)

健康で美しくをモットーに、パンチの効いたBlog発信を。
(ナンチャッテBacci広報。)
この投稿者の最近の記事

前の記事

次の記事

Bacci facebookページはこちら

ご予約・お問い合わせは06-6225-3386
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事