Bacciな日々

和歌山県生産者弾丸ツアーを

いつもお世話になっているドクター オブ ジ アース河村社長と

飲食店経営者様 料理長様とご一緒させて頂きました。

特にこだわり抜いた生産者さん二人に会いに!!

 

和歌山県日高郡 日高夢農場  中前さん

かなりの変わり者?でも良い意味で変態?

とにかくこだわり野菜の旨味を最大限に自由に引き出せる方。

今や知っている方は多いトマト品種ベリートマトの先駆け的存在。

トマトの情熱は半端ないです。

 

20131127-155559.jpg

ベリートマト、イチゴに似たこの姿からそう呼ばれます。

そうやっぱりもぎたて、リアルな美味しさ

醍醐味です!!

甘い

程よい酸味、これでもまだあじが乗ってきてないらしい
20131127-155627.jpg

こちらはまだまだ出荷は先と青々した有名品種アイコ
20131127-155725.jpg

トマトは特に水分を与えないと生命本能から糖度がまします。

更に温度、日光、様々な視点から味に影響します。

そんな設備投資が重要になり知識、技術、経験で素晴らしいトマトが

毎年なりますが、病気なってしまうと全体に伝染します!!

農家さんは農薬に頼らなければ生活に対してリスクが発生してしまいます。
20131127-155656.jpg

このハウスで家が建つほどの投資されています!!

驚愕でした。

中前さんの話を聞け聞くほど私たち料理人とよく似ている

が違うところが1つあり、重要であることが

まだまだ野菜に対しての評価、価値が生産者に対してスポットが

あたっていない。

もちろん全てにとは言わないがごく一部。

料理人と同じくいやそれ以上に肉体的、継続的に大変な職

更に自然相手なので常にリスクと隣り合わせ。

全国に職人気質にこだわり抜いた生産者は沢山いらっしゃいます。

しかし野菜に対してスーパーで売っている、農協を通した野菜が

一般的。売れるために、生活の為に指示通りの農薬を使ったコストが安く

流通しやすい見栄えの良い野菜を生産。

変わりない1次産業。こだわっても売れない評価してくれない生活できない!

安くて手軽?安全、健康?

確かに料理をする上で添加物や

科学調味料や安い野菜を使用すると

原価も安くて手間も省ける!

結果安く提供できますらよね。

勿論野菜も全く同じです!よね。

例えば薬を撒けば病気にならない。

1ヶ月発育にかかるところ10日で出来たら

3倍の生産量ですよね。

こうして美味しくない野菜?

人工的で意図的な野菜。

100円高いかもしれませんが

手間暇かけたお野菜。

どちらを買われますか?

非常に現代社会は選択が難しい

時代と感じます。

情報が先行し肝心な個々の判断が

難しく、信用やネーミングから判断、

多くはブランド、国で食べる時代に

なりました。日本は極度の欧米化が

進められ、今まさに食事は様々、

世界一食べことが大好きでこだわりが

それぞれありますよね。

つまり知識、情報があれば必ずって言うほど野菜に対しての意識が上がると
そう感じます!

我々飲食店がいかにお客様との接客で

お伝えするか、常に

重要課題です!

次回は有田みかんです。

bacci

この記事を書いた人

bacci
bacciメタボッチ・オーナシェフTwitter:@bacci88
稲葉加都彦(イナバ カツヒコ) またの名も、Bacciです。
メタボも今年で卒業したい、いや、します。(笑)

前の記事

次の記事

Bacci facebookページはこちら

ご予約・お問い合わせは06-6225-3386
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事